難しくないニキビ
*
ホーム > 現金化 > 換金率などの情報を調べて行うショッピング枠の換金について

換金率などの情報を調べて行うショッピング枠の換金について

ショッピング枠を換金する行為であるクレジットカードカード現金化を初めて業者に依頼して行う際に、悪徳業者にあたって最終的な換金率が50%程度になる場合があります。

また、ショッピング枠で購入した商品券などを自分で金券ショップなどに持ち込んだ場合に、すぐに高額な現金が必要そうな客の足元をみて買取価格を下げる担当者も存在します。

現金が必要な場合には少額であっても現金が得られればその場はしのげますが、お金に困って冷静さを失うと悪徳業者かどうかを判断することが難しくなります。

受け取る予定額について納得がいかない場合は、業者に依頼することをやめるという決断も必要です。

そして、購入金額が20万円以下の場合には75~80%程度が相場であるということを、予め把握した上で業者を選ぶことが大切です。

そのためには、業者のホームページでの表示内容やキャンペーン情報などを把握する必要があります。

たとえキャンペーンが存在していたとしても現金化業者に依頼する際にキャンペーンのことを自ら言わなければ、業者側からそれを勧めるということをしない場合も少なくありません。

また、金券を利用する現金化業者の中で運営年数が長い老舗と呼ばれるようなところは、安定した換金率で取引されることが多いです。

したがって、業者のホームページで設立年月日を確認することが大切です。

そして、リピーターを何年も大切にしている業者も存在します。

また、優良な業者であれば、他社と換金率を比較するなど情報収集をした上で電話で複数の突っ込んだ質問をしても丁寧に対応します。

↓こちらのサイトも参考にしてみてください

http://www.genkinka-kuchikomi.info/index.php?%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88


タグ :